3年目の結婚記念日なら革製品を贈り物として用意しよう。

By admin - Last updated: 金曜日, 8月 5, 2016 - Save & Share - Leave a Comment

結婚記念日はご夫婦にとって大切な日です。

意外とこの日をきちんとやっていないと、感謝を夫婦で伝える機会ってあまりないんですよね。

言葉に出すのが苦手な人も、この日は何かをすることによって、行動で示すことができます。

ぜひそのようにしてあげましょう。

さて、結婚して3年目の結婚式はなんと言われているか知っていますか?

3年目は革婚式と言う名前で、「倦怠期、革のように粘り強く:という意味があるそうです。

ご夫婦での関係性もできてきて、だんだんと慣れが出てくる頃。

最初の頃は気を遣い合っていた部分も緩んできたことで、お互いに何か不満に思っているかもしれません。

そんな3年目を乗り越えて、ぜひ粘り強く未来に向けてずっと仲良くできるように革製品の贈り物をしましょう。

革製品ですので、よくあるプレゼントとしては、ベルト、バッグ、財布などの革製品を贈り合います。

よく車に乗る人ならキーケース、d年車などが多ければ、定期入れなんかもいいですね。

普段使えるものですし、小物なので、お値段も張りません。

レザーの指輪なんかもあるので、レザーであれば、カジュアルに着けられるので男性とのペアでもあまり抵抗がないかもしれません。

自分の独身時代よりも長く一緒にいなければいけない相手が結婚相手です。

もちろん色々なことがそれぞれあるでしょうが、お互いの存在に感謝し、素敵な夫婦になるように、きちんと記念日をおいわしましょうね。

Posted in 未分類 • • Top Of Page

Write a comment